ニュースリリース

TOP >  ニュースリリース

「LGBTは特別な存在ではない」、当事者の研修講師が今伝えたいこと

2018年04月26日

最近、新聞やテレビ、ネット記事などでも性同一性障害や同性愛など
LGBTという言葉をよく見聞きするようになったと思います。
Lはレズビアン、Gはゲイ、Bはバイセクシュアル、Tはトランスジェンダー
それぞれの頭文字とった性的マイノリティを表す言葉です。
先日『広辞苑』でもLGBTが取り上げられ話題になりました。

では、LGBTの人は日本でどれくらいの人数が存在すると思いますか?
調査によると全人口の5~7%(電通総研調べ、2015年)、
これは13~20人にひとりの割合になります。思っていた以上に多くはありませんか?
日本の苗字の「佐藤」「鈴木」「高橋」「田中」さんの合計は600万人いると言われていますが、
LGBTの総人口はその数に匹敵する規模があります。
そう考えると俄然身近に存在すると考えられますね。

TVやマスコミでは「オネェキャラ」のタレントさんが多く露出して華やかに場を盛り上げますが、
ほとんどのLGBTの方々は差別や偏見を恐れて、
地域や職場でセクマイ(セクシュアルマイノリティ)であることを隠しているのが実態です。
あなたの周りにLGBTの人がいないのではなく、
声を上げることが出来ない状況をわかっていただきたいです。

そんななか、日本でもいよいよ制度的な取組みがはじまりました。
2003年の性同一性障害の特例法、2017年の渋谷区のパートナーシップ証明書など、
これらの制度の動きが日本を少しずつ変革してゆくと思います。

東京レインボープライドも年々規模が大きくなって、
当事者だけでなく、各種有名企業・団体の協賛、有名人・アーティストが参加。
春の東京の風物詩になる勢いがあります。

企業の取組みでも、LGBTは特別ではない存在だと意識を変えて理解し、
企業全体がアライ(支援者・理解者)になることが望ましいと思います。
そのためには、企業研修、職場整備、制度の活用、差別や偏見によるトラブル回避などを駆使し、
一人でも多くの人がLGBTであることを隠さずストレスなく安心して働く、
そんな時代が来ることを祈ります。

☆東京メンタルヘルス カウンセラー/LGBT研修講師  熟田 桐子
※LGBT研修プログラム例はこちらをご参照下さい
※LGBTインタビューメディアサイト LGBTERによる、熟田のインタビュー記事はこちら

メンタルヘルス通信 No.90のお知らせ

2018年03月27日

本号特集「SNS相談(チャット相談)のはじまり!」<メンタルヘルス通信 No.90>

メンタルヘルス通信は、イントラネットへの掲載やプリントアウトしての配布など、
従業員の皆様へのメンタルヘルス啓発活動などにご活用ください。

【PDF版】
メンタルヘルス通信No.90(PDF)

【テキスト版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NO.90 SNS相談(チャット相談)のはじまり!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<電話相談とメール相談のはじまり>>

現在、カウンセリングでは、面接・電話・メールが主に使われています。
「面接」で行われていたカウンセリングに、「電話」が使われ始めたのは、
日本では 1971 年がひとつの節目とされています。ドイツの宣教師ルツ・
ヘットカンプ女史らによって「東京いのちの電話」が開設され、ボランティ
ア相談員による電話相談がスタートしました。現在、いのちの電話は日本
全国 52 箇所で行われています。

続いてメール相談ですが、そのはじまりは、日本オンラインカウンセリ
ング協会設立が、ひとつの節目となるでしょう。1997 年、東京メンタル
ヘルス社の武藤清栄が理事長となりピースマインド社とともに、国内での
メールカウンセリングをスタートさせました。

<<SNS相談のはじまり>>

昨年2017年7月、文科省は「SNSを活用したいじめ等に関する相談体制
の構築に係るワーキンググループ」を設置しました。翌8月28日には中間
報告が公表され、近々その最終報告が公表される予定です。

面接から数えて、第4の相談ツールとして今まさに広がってきているの
が、このSNS相談(チャット相談)
です。

SNS相談が広がってきている背景には、いったい何があるのでしょう
か? ひとつには「近年、子どもたちの多くがSNSをコミュニケーション
手段として活用」
していることであり、もうひとつには「SNS上のいじ
め等の問題への対応」
が課題としてあるからです。

<<はじまりは、子どもたちから>>

現在、小中高生がコミュニケーションに電話やメールを使うことは
減ってきており、メインとなってきているのがLINEやツイッターなどの
SNSです。 

こうした中、昨年9月、長野県で国内初となる中高生を対象としたLINE
上での悩み相談が実施されました。2週間限定でしたが、それまで1日平均
1.8件であった「電話」相談でしたが、「SNS」相談では1日平均でおよそ
120件も寄せられました。

その後、昨年11月には、いじめ自殺事件があった滋賀県大津市で、LINE
を利用した子どものいじめ相談が開始されました。昨年の9.5倍のペースで
の相談が寄せられているそうです。

また、大阪府教育センターは、本年1月8日から2月2日までの期間限定で、
府立高校10校の1・2年生を対象に、LINEでの教育相談を実施しました。
それまでと比較すると、およそ100倍もの相談が寄せられたといいます。

このようにSNSを活用した相談が、子どもたちから急速に始まってきて
います。この流れは、今後も加速度的に広がっていくことでしょう。
すでに文科省は、平成29年度補正予算や平成30年度予算では、SNS相談
関連で2億5千万円も計上しています。

<<大人にも広がる、SNS相談>>

さらに注目すべきは、子どもだけではなく、大人の相談にもSNSが活用
されようとしてきていることです。

毎年3月は「自殺対策強化月間」ですが、今回その対策として、厚労省は
SNSを使った相談をはじめて実施しています。
民間の相談機関など計13団
体が、日本全国でSNSを使った自殺防止のための相談を行っています。

弊社東京メンタルヘルスも、その相談機関のひとつとして、東京と千葉で、
総勢60名ほどの相談員がSNS相談を実施しています。


多くの相談員にとって、SNSでの相談は、はじめての試みとなるでしょう。
しかしながら、弊社では2002年よりメールカウンセリングをスタートし、
チャットでの相談は、すでに2016年より開始している実績があります。

こういった実績と知見を活かすと同時に、これまでの様々な相談で培って
きた相談員の力を結集して、自殺防止のみならず、あらゆる層でのさまざま
な相談ニーズに対応しております。

新行内勝善 (精神保健福祉士)

●関連情報
・当社の企業, 団体向けの外部相談窓口サービスでは、
 オプションサービスとして、SNS相談(チャットカウンセリング)がございます。
 詳しくはお問い合わせ下さい。⇒お問い合わせはこちら
・学校, 教育機関向けのSNS相談(チャットカウンセリング)サービスはこちら

・(ニュース)毎日新聞にて、北海道教育委員会様「SNSを活用した相談体制検討事業」の
 当社取組が紹介されました。⇒詳しくはこちら

サービス特設サイト(学校・教育機関向け)リリースのお知らせ

2018年03月2日

学校・教育機関様向けに、弊社サービスのご案内特設サイトをリリースしました。

ストレスチェックやスクールカウンセラー派遣、
研修・講演会、校外相談室などの基本サービスをはじめ、
スクールコンケアやSNS(チャット)相談などもご案内しておりますので、
ご興味・ご関心をお持ちの方は、どうぞご覧ください。

【学校・教育機関向け特設サイト】https://t-mental.co.jp/school/

※正しく表示されない場合は、ブラウザのキャッシュデータが影響している可能性があります。
 キャッシュデータをクリアして強制的に再読み込みする方法を、以下にお知らせ致します。

(Windows)
・InternetExplorer:
 [Ctrl]キー を押しながら[F5]キー 
・Firefox:
 [Ctrl]キー と[Shift]キー を押しながら[R]キー   
・Google Chrome:
 [Ctrl]キー を押しながら[F5]キー

(Mac OS)
・Safari:
 [⌘Command]キー と[Option]キー を押しながら[E]キー  
・Firefox:
 [⌘Command]キー と[Shift]キー を押しながら[R]キー    
・Google Chrome:
 [⌘Command]キー を押しながら[R]キー

「SNS相談(チャット相談)窓口」を弊社関連NPO法人にて開設します

2018年03月1日

弊社関連NPO法人「東京メンタルヘルス・スクエア」では、
厚生労働省の平成29年度自殺防止対策事業(追加公募分)、
「SNSカウンセリングによる自殺相談事業」の受託に伴い、
本日3月1日~3月31日の間、SNSを活用した相談窓口を開設致します。

なおSNS相談では、LINEによるチャットカウンセリング、
または、Twitterを通じての相談の2種類から選択することができます。
(※Twitterは3月中旬開始予定)

相談方法の詳細や、相談可能日時などについては、
下記の厚生労働省HPリンク内、「東京メンタルヘルス・スクエア」欄をご参照ください。
【外部リンク 厚生労働省HP】
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000194961.html

※「東京メンタルヘルス・スクエア」
  SNS相談(チャット相談)利用規約・LINE相談用QRコード
https://www.tsunasou.jp/entrance/tokyomentalhealthsnscounselingcenter

【2018.05.1追記】
「東京メンタルヘルス・スクエア」では、
上記相談事業終了後も、引き続き週1~2日程度、無料でSNS相談窓口を開設しております。
詳細は「東京メンタルヘルス・スクエア」HPのSNS相談ページ、
http://www.npo-tms.or.jp/service/sns.html)をご覧ください。

メンタルヘルス通信 No.89のお知らせ

2017年12月14日

メンタルヘルス通信 No.89のお知らせ

今号のメンタルヘルス通信は、連載企画『スマホ依存・ネット依存・ゲーム依存』の最終回、
テーマは「ネット依存からの脱出 ~予防、回復、再発防止~」です。 

メンタルヘルス通信は、イントラネットへの掲載やプリントアウトしての配布など、
従業員の皆様へのメンタルヘルス啓発活動などにご活用ください。

【PDF版】
メンタルヘルス通信No.89(PDF)

【テキスト版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NO.89 連載「スマホ依存・ネット依存・ゲーム依存」⑤ 最終回
     ネット依存からの脱出 ~予防,回復,再発防止~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
横綱日馬富士の引退は、とても残念な結末でした。横綱白鵬に叱られて
いた幕内力士がスマホを操作していて、そのことに腹を立てた日馬富士が
手を出してしまって…、ということのようです。このようにスマホをきっ
かけに、人間関係を壊してしまうことは実は少なくありません。

連載最終回の今回は、ネット依存の予防、回復、再発防止についてまと
めます。スマホに振り回されずに、私たち自身がコントロールできるよう
にしていきましょう。

<<一次予防 ~普段から気をつける~>>

一次予防とは、一般にいう「予防」です。ネット依存にならないための
予防のポイントは、

① 自己肯定感を持つ

依存になりにくい人の特徴に、自己肯定感の高さがあります。自己肯
定感とは、自分にOKを出すことです。失敗したからといって自分に対し
てダメ出しをキツくし過ぎたり、人格否定までしてしまったりすると、
自己肯定感を持てなくなってしまいます。

② 「居場所」や「逃げ場」があること

連載3回目で依存の原因は「心のスキマ」とあげました。心のスキマを
広げないようにするためには、ネットやゲームではない「現実世界」に
自分の居場所があることが大変重要です。また、何かつらいことがあった
ときに逃げられる場所が、現実世界にあることも大事です。甘えたり、
頼ったり、相談できる人間関係があると心強いものです。

③ 趣味を持つ

ネットやゲーム以外に楽しめる趣味を持ちましょう。 

④ 自分をよく知っておく

ネット依存になりやすいパーソナリティとして、「凝り性」「パソコン
やデジタル好き」などがあげられます。自分のことをよく知り、自分が陥
りやすい穴に注意していくことで、ネット依存に限らず、未然に問題を防
ぐことができるようになります。

<<二次予防 ~早期発見・早期対処~>>

二次予防とは、早期発見・早期対処で事態が深刻になってしまうのを
防ぐことです。

① 自分の状況を客観的につかむ

人の声に素直に耳を傾けたり、ネット依存のチェックリストを使って、
自分の状況を客観的に見ていきましょう。また、自分の1日の行動記録を
付けて、ネットやゲームを何時間やっているか把握してみたり、自分の
スマホでアプリの利用時間を調べてみましょう。

② 依存傾向があったら、マイルールを決めよう
br>
必要以上に利用し過ぎないように、マイルールを決めましょう。また、
人間は意思が弱い面もありますので、物理的に出来ないようにすること
も有効です。

【マイルール例】
「10時以降はネットやゲームをしない」
「人と話しているときはスマホを触らない」
「食事のときはスマホを手の届かないところに置く」
「歩きながらスマホをしない、するなら立ち止まる」

【物理的制限例】
「スマホの通信量(ギガ)を少なく変更」
「家でWIFI接続できないようにWIFI契約を解約」

③ デジタルデトックス

デトックスとは解毒という意味ですが、ネット、スマホ、ゲーム漬けの
毒抜きをしましょう。

・生活習慣を整える:
 生活リズム、睡眠、食事、運動など、基本的生活習慣を整える。
 体内時計調整やセロトニン活性化のため、朝陽を浴びることは大変有効。

・自然、アウトドア:
 森林浴、砂浴、温泉、紅葉狩り、アウトドアキャンプなど

・運動:
 運動・スポーツ、筋トレ、ストレッチなど

・リラックス:
 マッサージ、呼吸法、アロマテラピー、読書・絵画・音楽芸術鑑賞など

・手作業、ものづくり
 トランプ、昔遊び、手芸、お絵かき、日記を紙に書くなど

④ 自分探しやカウンセリング

依存の背景にあるストレスやフラストレーションを理解し対処することで、
依存に振り回されることを防ぎます。本やセミナーで学ぶのもよいですが、
マンツーマンのカウンセリングはさらによいでしょう。

<<三次予防 ~治療回復と再発防止~>>

三次予防とは、病気からの治療と回復、そして再発防止です。
依存症にまでなってしまったら、自分だけで回復するのは困難です。
専門のクリニックで治療したり、カウンセラーに相談しましょう。
「ネット依存外来」があるところがよいでしょう。なお、日本で最も著名
なネット依存外来は、国立病院機構久里浜医療センターにあります。

また、依存で現れた身体の不調は、それぞれの科で診てもらいましょう。
眼精疲労など目の不調は眼科、ストレートネックや肩こりは整形外科、
不眠・頭痛などは内科(子どもは小児科)です。

再発防止については、二次予防の内容を参考にしてください。

新行内勝善 (精神保健福祉士)

連載「スマホ依存・ネット依存・ゲーム依存」 (全5回)
第1回【①1日でどのくらいスマホ、見てますか?】はこちら
第2回【②ホントに怖くなってきたネット依存】はこちら
第3回【③ネット依存の原因は心のスキマ】はこちら
第4回【④ストレートネック、座りすぎ、ブルーライト】はこちら

1 2 3 4 5 6 7 8 9 24

検索する

Copyright © 2018 Tokyo Mentalhealth All rights reserved.

ページトップへ