company

東京メンタルヘルスは、1985年の設立以来、メンタルヘルスサービスのパイオニアとして、ストレスチェック、各種研修、社外相談窓口、カウンセラー派遣型(出張)、復職支援などのEAPサービスをワンストップでご提供しております。
また、当社は「こころの花を咲かせよう。」を企業理念に、従業員皆様のこころの健康を支え、企業の発展に寄与して参ります。

会社概要・事業内容

社名 東京メンタルヘルス株式会社
設立 1985年7月1日
本社

〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-39-8 ローズベイ池袋ビル3F

MAPを見る

TEL / FAX TEL:03-3986-3220 / FAX:03-3986-3240
資本金 17,000,000円
代表取締役 武藤 清栄
専務取締役 武藤 収
取締役 淵上 規后子
相談役 村上 章子
監査役 半田 志野
従業員数 310名(所属カウンセラー数)
認証 プライバシーマーク認証取得【2007】情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)認証取得【2019】
(適用部門:本社・池袋カウンセリングセンター) No. ISA IS 0317
代理店 全国40社
子会社
関連団体
加盟団体 関東心理相談員会、日本EAP協会、日本精神保健社会学会、全国心理業連合会
オフィス
横浜オフィス

〒220-0021 神奈川県横浜市西区桜木町7-42八洲学園大学ビル 7階K室

千葉オフィス

〒271-0091 千葉県松戸市本町14-1松戸本町センタービル2C

名古屋オフィス

〒479-0833 愛知県常滑市北条3-38(建物3階)

カウンセリングセンター

〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-39-8ローズベイ池袋ビル3階

〒104-0053 東京都中央区晴海3丁目13番1号ドゥ・トゥール EAST4902

〒190-0011 東京都立川市高松町3-14-11マスターズ・オフィス立川504号室

〒271-0091 千葉県松戸市本町14-1松戸本町センタービル2C

〒220-0021 神奈川県横浜市西区桜木町7-42八洲学園大学ビル 7階K室

〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3-23-16タキタビル1・2階

事業内容

会社実績

ストレスチェック利用実績 30万人以上

2002年のストレスチェックサービス開始以来、各法人様、各団体様のメンタルヘルス対策(一次予防)をサポートしています。
包括的なEAPサービスによるストレスチェック後のアフターフォローもご好評頂いており、延べ約100社、20万人を超える従業員の皆様にご利用いただいております。

メンタルヘルス相談窓口契約・カウンセラー派遣 1000社以上

企業、各組合、官公庁、地方自治体、教育関連など、メンタルヘルスの予防・対策を様々な団体、企業様の要望に応じて提供しております。

年間研修講師依頼数 1,000回以上

各省庁、地方自治体、病院、教育現場、インフラ企業、金融業、保険業、建設業、サービス業、IT企業、SE企業など各法人様、各団体様の要望に応じた研修を行っております。

年間相談件数 約10,000件

職場などでの人間関係の悩み、恋愛の悩み、結婚・夫婦関係・離婚の悩み、性生活の悩み、家庭・親子関係・子育て・教育の悩み、生きがい喪失、進路・職業選択、自己を主張したい、性格を変えたい、意識を変えたい、トラウマから解放されたい、より自分らしく生きたいなど、どのような悩みでも、受け入れています。

メンタルヘルス関連講座 約20講座

心理カウンセラー養成講座、認知行動療法講座、コミュニケーションスキルアップ講座、リスニングパワーアップ講座、フォーカシング講座、箱庭療法講座、家族向けうつ病・ひきこもり講座など、専門家向けだけでなく一般参加者向けの講座も行っております。

企業理念

代表者挨拶

今、日本人は心のプロセスを語ることをどこかに置き忘れてきたような気がします。
心のプロセスとは感情や思考が生み出される脈略のことです。
議論することや理解し合うことに諦め感を抱いたり、面倒臭さを覚える根底には、相手の反応が怖いという不信感があるように思います。
つまり、お互いが信頼できなくなり、心の扉を開けないでいるのです。
そのためコミュニケーションも他人行儀だったり、黙ったり、極端にはしゃいだり、キレやすくなったりなど防衛的になってしまうのです。
もっと素直になって語り合うことができれば、相手との距離感を縮められたり親近感も醸成できるのではと思うのですが、それにはちょっとした勇気が必要です。
こういった人間関係の課題に少しでも応えるべく、東京メンタルヘルスは“こころの花を咲かせよう。”を合言葉に、カウンセリング、メンタルヘルス教育および調査・研究など多領域に渡って活動してまいりました。
今後も心豊かな社会の発展に貢献できるよう活動を続けていく所存です。

沿革

19844 飯田橋家族問題研究所設立
19857 東京メンタルヘルス・アカデミーに商号変更、東京メンタルヘルス・アカデミー設立
19874 千代田区飯田橋4-6-9より松戸市上本郷2207-4へ本店移転
19891 月刊TMA第一号発行
19891 第一回月例研修会開催
19904 東京メンタルヘルス・アカデミー C級カウンセラー認定制度制定
19904 アクティヴカウンセラー養成講座開講
19908 第一回キャンプ開催
19901 ひきこもり支援施設の有限会社フレンドスペース開設
19904 カリフォルニア州大学社会学教授マイコビッチ氏が顧問に就任
19912 練馬自衛隊へのカウンセラー派遣業務開始
19917 第一回カウンセリング実践講座開催
19924 朝日カルチャースクール、東武カルチュアにてカウンセラー養成講座開講
19924 J健保組合への心理カウンセラー派遣業務開始
19929 ひきこもりホットライン開設
19932 心のヘルスケア(日本文化科学社)刊行
19946 教師のメンタルヘルス(至文堂)刊行
19954 こころの相談室ガイドブック刊行
19955 シャイマンの恋愛講座(ごま書房)刊行
19964 フレンドスペース大阪センターを大阪市都島区網島町に開設
19964 T病院へのカウンセラー派遣業務開始
19974 東京メンタルヘルス・アカデミー 東京センターを東京都豊島区高田に開設
19975 TODOを待ちながら1巻(小学館)刊行
19978 カウンセリングに行こう(サンマーク出版)を刊行
19985 千葉県のA市役所から相談業務委託契約を受注
19985 こころの看護(医学書院)刊行
19986 在宅高齢者のためのメンタルヘルスケア(医学書院)刊行
199810 東京メンタルヘルス・アカデミーホームページを開設
199810 恋愛力(ごま書房)刊行
199811 自分探し(ごま書房)刊行
199812 第一回冬期カウンセリング実践講座開講
19996 千葉県のK市役所にて派遣カウンセリング業務開始
19997 教師へのメンタルサポートQ&A(日本文化科学社)刊行
199910 K2コーポレーション(現ピースマインド社)とオンラインカウンセリングの事業提携
199910 毎日カルチャーシティ(渋谷、ひばりが丘、厚木、津田沼)にてカウンセラー養成講座開講
199912 TODOを待ちながら2巻(小学館)刊行
20003 孤立する妻たち(宝島社)刊行
20005 カルチャー(大宮、高根台)にてカウンセラー養成講座開講
20012 現代のエスプリ ひきこもり(至文堂)刊行
20014 (株)ピースマインドと提携しメールカウンセリング及びホテルメッツ渋谷にて派遣カウンセリング開始
20014 日本オンラインカウンセリング協会に協賛し、メールカウンセラー養成講座に講師派遣
20016 千葉県N市役所から相談業務委託契約を受注
20116 ひとの話を聞ける人聞けない人(KKベストセラーズ)刊行
20118 自動車メーカーN社へのカウンセラー派遣業務開始
200110 言葉を聞く人心を聴く人(中央労働災害防止協会)刊行
20025 現代のエスプリメールカウンセリング(至文堂)刊行
20025 埼玉県Y市役所へのカウンセラー派遣業務開始
20028 ひきこもり脱出ガイド(赤石書店)刊行
200211 東京メンタルヘルス・アカデミーメンタルサポートセンターを東京都豊島区雑司が谷に開設
20031 財)日本予防医学協会と事業提携し、メンタルサポートネットを設立
20033 職場のメンタルヘルスQ&A(日本法令)刊行
200311 雑談力(明日香出版社) 刊行
20041 松戸市上本郷2207-4から松戸市上本郷2226-1 ベナフラット502号へ本店移転
20041 ビデオ「リスクマネジメントとしてのメンタルヘルス」(アスク)発売
20046 東京メンタルヘルス・アカデミー札幌センターを札幌市豊平区平岸に開設
20047 現代のエスプリ 訪問カウンセリング(至文堂)刊行
20047 NTT暮らしの相談ダイヤル「メンタルレスキューダイヤル」開始
200410 資本金1,300万円に増資。有限会社より株式会社へ組織変更
20054 読売文化センター浦和にてカウンセラー養成講座開講
20054 DCカード提携のTMAカード発行(メンタルサポートプログラムを個人向けに提供)
20054 カウンセラー養成講座の受講生が2,000名を超える
20054 カウンセラー養成講座をリニューアルして開講
20054 メールカウンセリングを東京メンタルヘルス・アカデミーホームページ内に開設
20055 「聞く技術」が面白いほど身につく本(KKベストセラーズ)刊行
20056 TMA会員の入会者数がのべ6,300名を超える
20056 カウンセラー派遣契約や相談業務委託契約の団体数が50団体を超える
20059 陸上自衛隊練馬駐屯地よりメンタルヘルス活動を評価され感謝状を授与される
200510 メンタルヘルス研修の講師派遣回数が800回/年を超える
200511 「師長・主任のこんなときどうする!?」(医学書院)刊行
200512 eラーニングメンタルヘルス教材(マネージャーコース、メンバーコース)を販売開始
200512 創立20周年記念公開講座・懇親パーティを東京芸術劇場で開催
20063 メールカウンセリング(川島書店)刊行
20066 本音力(ロゼッタストーン)刊行
20067 メンタルサポートセンターを豊島区目白から同区池袋に拡張移転
20067 本社を千葉県松戸市から豊島区池袋に移転
20069 号泣力(明日香出版)刊行
20069 法人向けメンタルヘルス通信教育(日本能率協会マネジメントセンター)の監修及び添削業務開始
200610 雑談力(明日香出版)が5万部を突破
200610 メンタルヘルス推進担当者養成セミナーを開講
200611 いじめ自殺対策として「こころの放課後ホットライン」開設
200612 インターネットテレビカウンセリングのサービス開始
200612 メンタルサポートプログラム(WEBセルフケアツール)をリニューアル
200612 モチベーションサポートプログラム(早期退職予防プログラム)のサービス開始
20074 東京メンタルヘルス・アカデミー吉祥寺センターを東京都武蔵野市に開設
20075 JIPDECより「プライバシーマーク」を取得
200710 同性愛者、性同一性障害者(セクシュアルマイノリティ)のカウンセリングサービス開始
200711 部下を持つ人のメンタルヘルスがわかる本(日本能率協会マネジメントセンター)刊行
20081 認知療法(CBT)講座を開講
20082 東京メンタルヘルス・アカデミー松戸センターが松戸市本町に移転
20082 職場のメンタルヘルス セルフケア冊子刊行
20086 メンタルスクリーニングシート<看護版>開発
20086 東京メンタルヘルス・セクシュアリティセンターを開設。性の相談開始
20094 東京メンタルヘルス株式会社に商号変更
20095 eラーニング「心の健康を守る組織のコミュニケーション」をリリース
200910 横浜カウンセリングセンターを開設
20104 スクールサポート事業開始
201012 「メンタルヘルスカレンダー」を発行
20113 東日本大震災の被災者とそのご家族のための無料電話相談を実施
20114 カウンセラー養成講座プロフェッショナルコース開始
20116 「ハートフル・カウンセリングチケット」発行
20122 NPO法人東京メンタルヘルス・スクエア設立
201210 カウンセリングホームページリニューアル
201310 メンタル天気予報「コンケア」完成版有償版リリース開始
20157 東京メンタルヘルスが30周年を迎える
201510 株式会社コンケアを設立
(東京メンタルヘルス株式会社と株式会社エクスブレーンの共同出資)
201512 当社ホームページリニューアル
201610 通信高校3000人を対象にSNSカウンセリング(チャットカウンセリング)開始
20211 晴海カウンセリングセンター開設
20217 横浜カウンセリングセンターを中区花咲町から西区桜木町に移転
202210 名古屋オフィス開設
20232 「7つの感情~知るだけでラクになる~」(モラロジー道徳教育財団)刊行
20238 文部科学省のホームページにスクールコンケアが掲載

個人情報の取り扱いについて

メンタルヘルスに関する相談・教育・研究などの事業を行っております。
当社は、関係各位様との信頼の上に成り立っていると考えています。

当社が事業活動をする上でお預かりする全ての個人情報をより厳正に取り扱うため、遵守すべき行動基準として個人情報保護方針を定め、その遵守の徹底を図り、予め特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を利用しません。

また、日本工業規格JISQ15001:2006「個人情報保護に関する個人情報保護マネジメントシステム─要求事項」および個人情報の取り扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守して個人情報を取り扱います。

ソーシャルメディア活用について

様々な情報が溢れるインターネットの世界では、戸惑うこともあるかと思います。
メンタルヘルスに関する相談・教育・研究などの事業を行っております。
当社としても、近年注目されるソーシャルメディアの運用に際して、ユーザーの方に対し運用方針を明確に示すことで、関係各位様との信頼を構築したいと考えております。

情報セキュリティ方針について

当社の情報セキュリティ方針はこちらをご参照ください。