ニュース

TOP >  ニュースリリース >  お知らせ

【私立高校で初導入】北鎌倉女子学園中学校・高等学校様、「スクールコンケア」の利用を開始

2018年07月12日

北鎌倉女子学園中学校・高等学校様が、7月11日より、当社の「いじめ・不登校・自殺防止/見守りアプリ『スクールコンケア』」の利用を開始したことをお知らせします。

北鎌倉女子学園中学校・高等学校様では、昨年4月より、中高生全員に一人一台タブレット端末を配布するなど、学習支援としてのタブレット活用を推進していますが、この度、いじめ防止の施策展開から同端末に「スクールコンケア」を導入することとなりました(中学1年生・高校1年生対象)。

「スクールコンケア」は現在、幸手市、越谷市、古河市などの公立小中学校5校 約2,000人の生徒・教職員が利用していますが、私立高校では初めての利用となります。

011

【スクールコンケアとは?】

「いじめ・不登校・自殺防止/見守りアプリ『スクールコンケア』」は、毎日のこころの変化を見守ることで、子どもたちの悩みやこころの痛みを早期に発見し、いじめや仲間はずれから子どもたちを守る、メンタルヘルスサービスです。

03

子どもたちは、出席簿代わりに、今のコンディション(気分)を表すお天気マークをタッチするだけ。日々の蓄積データから、子どもたちの”いつもとちがう気分”を検知すると、担任の先生方やスクールカウンセラー、養護教諭の先生方などの関係者へのサインメールが自動通知されるため、早期の初動支援が可能となります。

⇒「スクールコンケア」のサービス詳細はこちら

SNS相談員(チャットカウンセラー)募集のお知らせ

2018年06月20日

【SNS相談員(チャットカウンセラー)募集のお知らせ】

東京メンタルヘルスでは、学校や自治体、企業(大手企業、中堅・中小企業)を対象に、2009年よりメールカウンセリング、2010年よりWebテレビカウンセリングを開始し、実績を重ねて参りました。

また2016年より、学校の児童生徒・教職員・保護者を対象に、SNS相談を開始しておりますが、本年に入って、LINEなどのSNSを活用したカウンセリングの案件受注数が特に増えてきたことに伴い、この度、SNS相談員(チャットカウンセラー)を広く募集することとなりました。

当社では、SNS(チャット)の特性をふまえたカウンセリング技法の開発に力を入れているほか、定期的なブラッシュアップ教育を実施していますので、着実なスキルアップが可能です。

当該カウンセリング自体が先進的な取り組みですし、知見についてもこれから蓄積していく分野です。活躍頂ける案件も豊富にございますので、ぜひふるってご応募ください。

⇒(採用情報ページ)https://t-mental.co.jp/recruit のページ内、[SNS相談カウンセラー]よりご応募

厚労省SNS相談事業(本年3月)の実施結果が公表、当社関連NPO法人の相談延べ件数が2400件超に

2018年04月28日

【SNS相談(チャットカウンセリング)】
当社関連NPO法人「東京メンタルヘルス・スクエア(以下、スクエア)」が受託した、
厚生労働省「SNSカウンセリングによる自殺相談事業(本年3月の自殺対策強化月間)」について、
実施結果の概要が公表されました。

概要によると、事業全体の「相談延べ件数」10,129件のうち、スクエアの同件数が2,435件に上り、
実施13団体中2番目に多い結果となりました。
※スクエアのSNS相談では、LINEによるチャットカウンセリング、Twitterを通じての相談の2種類から選択

<実施結果概要PDF>
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12001000-Shakaiengokyoku-Shakai-Soumuka/0000204756.pdf

<厚生労働省報道発表資料>
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000204757.html

なお当該事業終了後も、
スクエアでは「SNSほっとライン」として、LINEを利用したSNS相談を無料で受付けています。
詳細はこちら⇒http://www.npo-tms.or.jp/service/sns.html

【関連】
学校・教育機関向けSNS相談(チャットカウンセリング)当社サービスについてはこちらをご覧ください。

1 2 3 4 5 6 7 8 19

検索する

Copyright © 2019 Tokyo Mentalhealth All rights reserved.

ページトップへ