メニュー

スクールコンケア - 【東京メンタルヘルス】

  • 〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-39-8 ローズベイ池袋ビル3階
  • 050-5828-8431

スクールコンケア

  • 児童・生徒・学生
  • 教職員

いじめ自殺、不登校をゼロに。「スクールコンケア」

  • 友達に話しかけたのに、何も答えてくれない。
  • 仲良しだったのに、LINEから外されてしまった。
  • なぜだかわからないけど、学校の友達とうまく話せない。

子ども

誰かに話を聞いてもらいたいけれど、

誰に話したらいいのか、どう説明したらいいのかわからない。

 

そんな時に、信頼できる人や、安心できる人から声をかけられたら、

ほっとすることがありますよね。

 

話を聞いてもらいたい時に誰かが声がかけてくれる。そんな学校になってもらいたくて、

私たちは「スクールコンケア」という仕組みを作りました。

スクールコンケアとは

スクールコンケアは、子どもたちのこころの変化に寄り添うことで、悩みを一人で抱える子どもたちや助けを上手く求められない子どもたちなどにも、適切なタイミングで支援を届けます。

 

子どもたちは、出席簿代わりに、今のコンディション(気分)を表すお天気マークをタッチするだけ。

 

コンディションを毎日記録し、可視化することにより、気になる子どもたちのこころの様子が一目でわかります。子どもたち自身にも、自分のこころと向き合う習慣を通して、自分をより深く知ることが出来ます。

 

出席簿の代わりに、今の気分のお天気マークを押すだけ!

  出席簿の代わりに、
  今の気分にぴったりの、
  お天気マークをタッチするだけ!

    こころの変化を早期にとらえ、関係者に通知することで、
    メンタル不調を事前に予防します。(出席管理も同時にできます)

見守り01毎日の気分を登録

毎日の気分を登録

出席簿の代わりに、今の気分を示すお天気マークをタッチ!

出席簿として、その時のコンディションを表す「お天気マーク」を生徒にタッチしてもらいます。これで、出席記録とコンディションデータが登録完了となります。

マルチデバイス対応なので、タブレットだけでなく、PC・スマホなどあらゆる端末から入力が可能です!

見守り02こころの
最新状況を把握・分析

気になる生徒のコンディション状況を、いつでもどこでも把握できます。
自在なビューポイント設定で、コンディションの多彩な分析が可能に。

生徒の一日一日のコンディションが、簡単に"見える化"されます! 目的に応じて、様々な表示機能も搭載。

気になる生徒のコンディションも、いつでもどこでも把握可能です。

 

学校・クラス単位のマクロ視点、生徒一人ひとりのミクロ視点など、自在なビューポイント設定で、コンディションの多彩な分析が可能です。

コンディションログ

コンディションログ

コンディションや出席の日々の記録により、グラフが自動生成されます。

コンディションマップ

コンディションマップ

学校や学年単位、クラス単位の全体傾向や生徒ごとのコンディションをリアルタイムに把握できます。

その他にも、こんな機能があります
コンディションステータス(管理者のみ)

コンディション状況から、生徒ごとに支援レベルをカテゴリー化しています。

コンディションレポート

月に1回、自分のこころの状態をまとめたレポートが送られます。自分のこころと向き合う習慣を通して、生徒自身のこころの学びも深まります。

基本料金内でご利用可能!!

コンディションを見るポイント

  • クラス全体の平均気分が落ちているか (クラスマネジメントに)
  • 加害傾向者の気分が荒れているか (いじめ発生予防)
  • 被害者の気分が継続低下しているか (不登校予防、自殺予防)
  • いじめ解決後に気分が回復しているか (いじめ再発予防)
  • 担任の気分が継続低下しているか (メンタルヘルス予防)

見守り03こころの
変化点を
お知らせ

こころの変化点をお知らせ

“いつもと違う気分”を認識すると、
本人や担任などに、サインメールが自動発信。
いち早い初動対応が可能になります!

生徒の“いつもと違う気分”が生じたタイミングで、サインメールが自動発信!

 

生徒本人への通知をはじめ、担任やスクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカーなどの関係者にも、通知設定頂けます。

 

こうした相談勧奨により生徒からの相談を促すほか、生徒支援の早期初動体制をバックアップします。

スクールコンケアのメリット

  • 気分なら言わなくても押せる、知られずに押せる!
  • 気分変調サインを担任の先生方やスクールカウンセラーなどに通知設定可能!
  • 支援のタイミングが分かり、初動対応をバックアップ!
  • 自分のこころと向き合う習慣が身につく!
  • 気持ちの伝え合いが定着化! (心の教育文化の向上)

スクールコンケアの導入で、子どもたちのこころの学びが深まり、
気になる子どもの、いち早いサポートも可能に!

職場のコンディションマネジメントサービス「コンケア」は、 メンタル不調の早期予防・早期発見において、これまで数多くの実績を上げてきました。この「コンケア」を学校・教育機関向けに改良したものが、「スクールコンケア」です。

 

子どもたちに”いつもとちがう気分”の変化が生じると、 担任の先生方やスクールカウンセラー、養護教諭の先生方など、 関係者へのサインメールが自動通知されますので、より早期の初動支援が可能となります。

毎日のこころの変化を見守ることで、子どもたちの悩みや心の痛みを早期に発見し、 いじめや仲間はずれから子どもたちを守ります。

 

 

スクールコンケアの導入で、子どもたちのこころの学びが深まり、気になる生徒の、いち早いサポート対応が可能に!

料金(スクールコンケア 児童・生徒・学生版)

月額費用200円/1ID(税別) ご利用人数による従量課金
初期費用50,000円 メンタルヘルス研修1回分費用として

200円でご利用できるサービス

  • コンディションログ機能
  • コンディションマップ機能
  • コンディションサインメール機能
  • コンディションサインレポート機能
  • 出席簿機能

オプションサービス

  • メンタルヘルス電話相談窓口(フリーダイヤル案内カード付 +100円)
  • プッシュ型電話相談サービス(+200円)

先生方、教育関係者の皆様へ

コンケアは心の不調を持つ社会人向けに開発して、現在約1万人の社会人が利用し、心のコンディションの調整に活用しています。

いじめ防止対策の関連法規(いじめ防止対策推進

通年で早期発見を実施

第16条1項

学校の設置者及びその設置する学校は、当該学校におけるいじめを早期に発見するため、当該学校に在籍する児童等に対する定期的な調査その他の必要な措置を講ずるものとする。

相談しやすい体制を構築

第16条3項

学校の設置者及びその設置する学校は、当該学校に在籍する児童等及びその保護者並びに当該学校の教職員がいじめに係る相談を行うことができる体制を整備するものとする。

こころの健康のトータル対策をお手伝いします。

教育(一次予防) 1コマ50分のカリキュラムを8コマご用意
見守り(二次予防) スクールコンケアでコンディションの見える化
相談・介入 電話相談&チャット相談をご用意(コンケアオプション)
和解を促すメディエーション(話し合いによる関係再構築)や修復的対話法を教職員様に向けたトレーニングを実施します。

メンタル不調のきっかけをつかむ、画期的なメンタルヘルス対策

コンケアは、先生の気分を日々リアルタイムに把握できる全く新しいメンタルヘルスサービスです。メンタル不調のきっかけをいち早くつかみ、支援を届けることで、重症化予防を実現します。

 

出勤時や退勤時に簡単な操作を行うだけで、メンタル不調やハラスメント予防をはじめ、定着率向上、職員満足度向上などにも貢献します。

出退勤に連動したシステム

コンケア3つの強み

「こころの見える化」「1次予防に強い」「対策費用削減」

コンケアを支える3つの強み

その1こころの様子が、ひと目で「見える化」。気になる先生を、いつでもどこでも見守れます!

勤怠と気分データの記録分析から、普段と違う気分の変化を逃さずキャッチ。クラウド対応なので、時間や場所を選ばず、気になる先生のこころを見守れます!

その2「1次予防に強い」新発想のメンタルヘルス対策!(特許取得済)

特許を取得したコンディションロジックで、心の変化ポイントをキャッチすると、サインメールが登録先に自動発信。早期の初動対応を可能にした、画期的なメンタルヘルス対策サービスです。メンタル不調やハラスメントの予防のほか、離職率改善にも実績を上げています。

その3勤怠システム費用で、ストレスチェック・電話相談窓口が利用可能。
メンタルヘルス対策費用を削減できる!

勤怠システムの導入費用で、厚労省版の57項目ストレスチェック(職業性ストレス簡易調査票)が受検できるほか、相談窓口サービスも回数制限なく利用可能なので、メンタルヘルス対策費用を削減することができます!

ご利用方法

見守り01毎日の気分を登録

毎日の気分を登録

出退勤時に今の気分に近いお天気マークをタッチ!

コンディションと勤怠データを同時に記録します。クラウドシステムなので、タブレットだけでなく、PC・スマホなどあらゆるデバイスに対応!

見守り02こころの
最新状況を
把握・分析

気になる先生のコンディション状況を、いつでもどこでも把握できます。
自在なビューポイント設定で、コンディションの多彩な分析が可能に。

スクールコンケアには、先生のコンディションを見える化する、様々な表示機能を搭載。

気になる先生のコンディションが、いつでもどこでも把握可能です。

 

学校・学年単位のマクロ視点、先生一人ひとりのミクロ視点など、自在なビューポイント設定で、コンディションの多彩な分析が可能です。

コンディションログ

コンディションログ

毎日の出退勤時に選択したコンディションマークを、勤怠記録とともにコンディションログとして蓄積。出退勤別にグラフが自動生成されます。

   

コンディションマップ

コンディションマップ

学校や学年単位などの全体傾向や先生ごとのコンディションをリアルタイムに把握できます。

その他にも、こんな機能があります
コンディションステータス(管理者のみ)

コンディション状況から、先生ごとに支援レベルをカテゴリー化しています。

コンディションレポート

月に1回、自分のこころの状態をまとめたレポートが送られます。自分のこころと向き合う習慣を通して、先生自身のこころの学びも深まります。

57項目ストレスチェック WEB受検機能

インターネット上の個人アカウントから、厚労省版の57項目ストレスチェック(職業性ストレス簡易調査票)を受検することができます。

メンタルヘルス電話相談窓口

フリーダイヤル案内カード付きで、無料でご相談いただけます。

簡易勤怠管理機能

CSVでのデータ出力が可能ですので、給与システムと連動したいといったニーズにもお応えできます。

基本料金内でご利用可能!!

見守り03こころの
変化点を
お知らせ

“いつもと違う気分”を認識すると、
先生本人や管理監督者に、サインメールが自動発信。
メンタル不調のサインを早期に把握することで、重症化を予防!

コンディションの傾向が“いつもと違う”場合に、サインメールが登録先(先生本人や管理監督者など)に自動発信されます。

 

本人に気づきを促すだけでなく、管理監督職やスクールカウンセラーなどにもサポート機会をお知らせします。こうした多角的なサポート体制により、メンタル不調を早期に把握、重症化予防が実現されます。

こころの変化点をお知らせ

相談窓口04電話相談・カウン
セリング

通常の電話相談も料金内で、回数制限なくご利用可能!

1.コンディションサポートセンター

ご契約者には、コンディションサポートセンター(電話相談)「月~日 12:00~19:00 ※休 祝日・年末年始」の案内カードを配布します。必要に応じてスクールカウンセラー(SC)に連絡、連携します。

2.オプションサービス(プッシュ型カウンセラー電話相談)

気になるコンディションの変化があった方に対し、一人ひとりのコンディションを見守るカウンセラーから、電話を通じて働きかけるサービスです。

料金(スクールコンケア 教職員版)

月額費用 300円/1ID(税別) ※利用人数による従量課金
初期費用100,000円 管理職向けメンタルヘルス導入研修1回分費用として

300円でご利用できるサービス

  • コンディションログ機能
  • コンディションマップ機能
  • コンディションサインメール機能
  • 簡易勤怠管理機能
  • 厚労省版 57項目ストレスチェック機能
  • コンディションレポート機能
  • メンタルヘルス電話相談窓口(フリーダイヤル案内カード付き)

オプションサービス

  • クラウド型勤怠システム国内シェアNo.1「KING OF TIME」との連携版(+100円オプション)
  • プッシュ型電話相談サービス(+200円オプション)
  • カウンセラー派遣、スクールソーシャルワーカー派遣(委細ご相談ください)

ご推薦の声

image_14.png

「スクールコンケア」のモニタリングでご協力頂いている平方中学校校長の大西様に、校内での取り組みの様子を、『教育新聞』のコラムにてご紹介頂きました。

 

記事では、コンケアについて「いじめや不登校傾向で悩む子供の心を、教師のリアルな観察とともに、こうしたICTを活用した客観的データの両面から素早く察知できることは、大変意義がある」「教職員の出退勤とメンタルヘルスの両方を管理でき、有効であると実感している」との評価も頂いております。

出典

『教育新聞』2017年9月7日
「チーム学校」構築論 ~SNSでつなぐ教育の場~
ご執筆:埼玉県越谷市立平方中学校校長 大西久雄様(転載許可済)

教育現場を管理される皆様へ

コンケアは心の不調を持つ社会人向けに開発して、現在約1万人の社会人が利用し、心のコンディションの調整に活用しています。
また、教職員個人のこころの環境改善だけでなく、マネジメントから見た効果も高く評価されております。

ハラスメントの予防

モチベーション低下を予防し、業務効率の向上を実現

過重労働の予防

長時間残業や過労死の予防

プレゼンティーズム予防

医療費・傷病手当金の削減や労災の防止

ご相談はこちらCONTACT

東京メンタルヘルスでは、学校、職場、家庭、地域、すべての人々の『こころ』をサポートしています。

Copyright©東京メンタルヘルス株式会社All Rights Reserved. - [login]