ニュースリリース

TOP >  メンタルヘルス通信No.69のお知らせ

メンタルヘルス通信No.69のお知らせ

2016.05.13

メンタルヘルス通信No.69のお知らせ

 

今号は「強い精神と、弱い肉体と」について記事にして
おりますので、参考にしていただければ幸いです。

 

メンタルヘルス通信は、イントラネットへの掲載やプリントアウト
しての配布など、従業員の皆様へのメンタルヘルス啓発活動などに
ご活用ください。

 

従業員の皆様にPDFで配信される場合は、本通信の後ろに
社内相談室の案内などをつけ加えて配信することで、
相談室の利用促進になりますのでお勧めいたします。

 

メンタルヘルス通信NO.69(PDF)

【テキスト版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NO.69 「強い精神と、弱い肉体と」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「強い精神が、弱い肉体に住むのはたいへんなことだ」とは、
レバノン出身の詩人、ハリール・ジブラーン(1883-1931)が残した
言葉です。先日、テニスの錦織選手の試合を見ていて、この言葉を
思い出しました。
今号では、精神と肉体の関係について、みていきたいと思います。

<<錦織選手が苦戦した理由>>

先日5/10、イタリアのローマで、日本が誇るべきテニスのスター選手、
世界ランク6位の錦織選手が、思いがけず苦戦を強いられた試合が
ありました。
その試合後のインタビューの中で錦織選手が、以下のような応答を
していたのが印象的でした。

/////////////////////////////////////////////////////////
インタビュアー:第1セット後、薬を飲んでいました…

錦織:「先週の疲れもあって。えー、いろいろ大変な部分があり
ました(苦笑い)」

インタビュアー:精神的な疲労は?

錦織:「毎年、ここら辺で(精神的な疲労が)出てくる。家に帰って
休憩を挟まないと、どうしても精神的に疲れが出てしまう。」
/////////////////////////////////////////////////////////

このインタビューから、筆者が感じたことは、最終セットの勝率が
世界歴代1位(2015年11月末時点で)という強靭なメンタルを持った
錦織選手でさえ、肉体的な疲労にメンタルが悪影響を受ける
のだな、
という当たり前といえば当たり前の事実でした。

錦織選手はこの前週にも、スペインのマドリードでの試合が4試合も
あり、その最後は世界ランク1位の選手との準決勝でした。
準決勝は、2時間近くにわたる熱戦の末、惨敗に終わりました。
過密日程と長距離移動というハードスケジュールが、肉体と精神に
計り知れない負荷となっていたことは間違いありません。

<<健康天気予報と健康歳時記>>

また錦織選手のインタビューを聞いて、この時期特有の5月病にも
同様な症状が見られることがあることを思い起こしました。

ここで、5月病に関連して、気象病についてみていきたいと思います。
気象病とは、気象の変化に影響を受け、症状が現れてくる病気の総称です。

日本ではまだ一般的ではありませんが、ドイツでは「健康天気予報」
なるものがあり、毎日テレビ等で、気象の変化によって現れてくる
20以上の症状について予報が発表されているそうです。
例えば『今日は午後からは頭痛がひどくなるでしょう』といった
具合です。気象の変化の中でも、特に「気圧・湿度・気温」が
ポイントになります。

立正大学名誉教授の福岡義隆氏は、長年、健康と気象との関係を
研究され、国内では当分野の第一人者です。福岡氏が提唱し活用を
すすめているのが「健康歳時記」です。5月の欄には、以下のように
うつ病についての記載があります。

健康歳時記 【5月】
(病 名) うつ病
(症 状) 食欲不振、睡眠不足 / 感情障害
(気象条件) 気温と日照時間急変(フェーン現象など)
(予 防) 室内照明 / 森林浴などで気分転換

この健康歳時記によれば、5月はうつ病になりやすい時期です。
なぜかというと、5月は気温と日照時間の急変があらわれやすく、
その影響を受け、食欲不振、睡眠不足、感情障害などの症状が出て
きやすいためです。また、その予防としては、室内照明を明るく
調節するほか、晴れた日に自然豊かな環境で過ごし気分転換する
のがよい、といっています。

福岡氏は、「病気は病半分、気分半分」であり、さらに「気の
半分は気象」
と言っています。たしかに自然界で生活している
ヒトの心身が、自然界から影響を受けるのは考えてみれば至極
当然のことと言えますね。

気象の変化が大きいこの時期は、肉体も精神も影響を受け、
不調をきたしやすくなります。心身の状態チェックには、
日頃以上に用心していきましょう。

*参考文献:福岡義隆著(2008)『健康と気象』成山堂書店

東京メンタルヘルス 新行内勝善

検索する

Copyright © 2018 Tokyo Mentalhealth All rights reserved.

ページトップへ